とーたんの丸かじり日記

秋田県に住んでいる30代パパ「丸かじり」が日々思いつくまま、何でもありの日記的記事を書き、話とかしよう!というブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こたつで立ち読み・・・なのか?Googleさん

いきなり「こたつで立ち読み」という、考えるだけでシュールな構図というか、そりゃないだろう?という感じですが、何でもあり~ののインターネット。

知らぬ間にやってくれます、今度もGoogleですが。

まあ、「これは百聞は一見にしかず」ということで、Googleブック検索を見てくだされば分かります。

さっそく今回のサイト、Googleブック検索(画像をクリック)
image

さっそく資料レポート

1:検索結果(リスト表示)
表題+表紙画像+概要が表示されます
image

2:検索結果(表紙のアップ)
まんま本棚・・・コタツで確認中
image

3:中身の立ち読み(!!!)
こんなこと、1年前だって想像していませんでした。 orz...
image

もう、何でもアリです、部分的にとはいえ何十ページも「普通に文字が読める状態」で、しかも「ブラウザ上」で立ち読みできます。

そして恐ろしいというかなんというか、複数のブック販売サイトも横に同時表示されていて、そのまま注文できます!

image ←拡大図

まあ、さすがに、週刊誌、月刊誌、コミック、ライトノベルなどは見れないようで、ちょっと古めの本や書籍などが対象ですが、いまさら売っていない高校の時読んだ古い本など見つかったり、嬉しい出会いもあります。本好きの俺としては、もっと対象が広がってほしいサービスです。

PS:たとえば「FC2ブログ」の検索結果はこちら

スポンサーサイト

ツールがイイから楽しく記事書き

なかなか記事の更新が遅れているというか、健忘録みたいな感覚で考えると、「日記風サイト」ってそのままの意味で楽しむのもアリだね~なんて考える丸かじりです。

さて、そんなこんなで遅れ気味に今日も記事を書いている訳ですが、パソコンで記事を書いている以上、「弘法筆を選ばず」なんてコトはなく、記事を手軽に書けるよう、いろいろフリーソフト入れたりしているわけです。

そんなソフトをちょくちょく紹介しているわけですが、本日は一気に3本というか、セットで使っているもので・・・

 

基本はこれ!

縮小専用(公式サイトはこちら 
image
デジカメ写真をブログ用に1ドラッグで簡単縮小できるし、なにより複数ファイルも1発OK! 当然タスクバーのクイック起動にセットですね。

この手軽さと出来ることの多さが魅力!

Jtrim(公式サイトはこちら
image 
レイヤーは無いものの、多重起動バンバンOKの軽いお絵かきソフト。切り取り、枠設置、サイズ指定拡大縮小、文字貼り付けなど、仕事もブログも大助かり!

これが意外に便利

Winshot(公式サイトはこちら 
image

基本はキャプチャーソフトですが、
・範囲指定/ウインドウ/フル画面の取り込み
・Jpeg、BMPの保存、クリップボードコピー
・指定間隔で連続保存、キャプチャ&印刷・・・
など、まさに便利。これも職場、自宅両方で重宝します

弘法は筆を選ばないといいますが、いい筆なら苦労せず楽しいというものですもんねえ。

PS:上3点はフリーソフト&インスト不要=USBに持ち運びもできます。CDラベル作成前のトリミング、操作マニュアル作成のお供、大量の写真を送付前に縮小などいろいろ使えますよ。

ではまた~!

リスクはあるがハイリターン! 詰め替えインクでインク代激減!

 不景気の前から、財布が不景気な丸かじりです。

 さて、パソコン持っているなら、たいていの方はプリンタ持っていると思いますが、最近のプリンタは安くなりました・・・。写真クオリティーで1台1万円以下という、数年前からしても価格破壊といえる価格で、デジカメの写真印刷・CDラベルの印刷・年賀状作成など、まさに大活躍。

しかし、世の中そんなに甘くないもので・・
インクがバカみたいに高い!

 ちょっと考えてみてください、1色千円近いインクを4~6色買い換えれば平気で財布から5千円が飛んでいく(キャノンの場合)という不毛な結果に・・・。カートリッジは転用してるし、インクはタダ同然・・・原価考えると○ったくり。まるで携帯電話のような商売・・・ orz...

しかし、そんな不毛な商売から抜けだす方法があります。
それはズバリ「インクの詰め替え

 当然メーカー保証外、詰め替えミスでプリンタ内インクまみれ、場合によっては手が真っ黒(黒詰め替え時)のリスクは高いですが、見返りは相当大きいです。

なんせ、ものによっては詰め替え1回100円ですから!
(インクコスト1/10)

 この不景気、数々の詰め替えインクが各社から出回っています。とりあえず使ったことのあるメーカーを紹介しますので、高いインク代に頭を抱えている方は参考にどうぞ。

☆参考までに使ったことがある詰め替えインクを書いてみますね

販売元

情報元

参考記事

使ってみた感想

エレコム公式サイト詰め替えインクコーナー写真印刷にも耐えれるくらい問題ないレベルです
サンワサプライ公式サイト詰め替えインクを使おう写真印刷にも耐えれるくらい問題ないレベルです
ダイソーブログプリンタのインク代を確実に安くする方法カラー文書の印刷はいいですが、写真は若干水っぽいような・・・
セリアブログエコで お得なものみつけたい!100円詰め替えインクカラー文書の印刷はいいですが、写真は若干水っぽいような・・・

☆いろいろ試してみての感想

  • エレコム、サンワサプライさんの詰め替えインクは、詰め替え用の手袋や作業台などがあって使いやすいです。値段の目安は、1色、千円/4回くらいが目安です。
  • ダイソー、セリアさんの詰め替えインクは、さすがに写真印刷に厳しい・・・というか、にじみが多いか水っぽい感じ。プリンタドライバのマニュアル設定でインク排出量を若干薄めにするのがいいかも。
  • まあ、どちらも数年で色が変わります。まあ、デジタルデータとしてPC内にあるから問題ないのですが、記念写真をあげる際には、一言断った方がいいかも
  • 純正品が高くて詰め替えがいやな方は、純正品の6~8割程度で売られているメーカー非純正インクがあります。
  • インクコストの詳細は「詰め替えインク専門店」にありますのでこちらをご覧下さい。

<追伸>

 詰め替えインクを考慮に入れる際は、エプソンよりキャノンが絶対おすすめです!なんせインクタンクに直接流し込めるし、透明で中身の量が確認でき、注入量が多いです。
※エプソンは一体型でいくら入っているか分からない、注入も吐き出し口から逆流させる。

 しかも、キヤノン製のインクジェットプリンタはプリンタヘッドが詰まったとき、取り外して丸洗い出来ます!これは大きい。(当然、事態としては最悪ですが)

 これ+3流写真台紙で、丸かじりも家族の写真を1枚10円程度のコストに押さえることが出来ました。まあ、リスクは大きいですが。

DVD修復の大技「呪文ザオラルのMPは歯磨き粉!?」

ザオラル・・・ドラクエ分かる方はぴんと来るかもしれませんが、確率5割の蘇生呪文です。(俺の記憶ではここぞというターンで失敗ばかりですが)

深い傷を負って読めなくなったDVDにも、そんな魔法のような荒技が存在します。それが「歯磨き粉でDVDを研磨する!」という荒技です。

DSCN2652

DSCN2653

DSCN2657

DSCN2658

さすがに「死亡しても責任もてません状態」ですが、俺の場合はたまたまかもしれませんが、(今のところ)無事復活できました。まあ、カーナビ買い換える金もなく、固まりまくりの傷DVDを「駄目もと」で試すならよいのではないでしょうか。

<追伸>
この方法は「記録面に至らないが、深い傷の凹凸で読めなくなった部分を、保護膜のある範囲でなだらかに削る」という、よく考えると「周りに関しては細かい傷だらけにしている」という荒治療です。

   200111.gif 

うまくいくも八卦、行かぬも八卦・・・

今年もお世話になりました、来年もよろしく!

まだ28日なのに今から年越しの挨拶!?っていう感じもありますが、実は明日から実家→嫁の実家の日程により、来月3日の晩まで帰ってこれません=ネット環境がない。
しかも3日は移動でへとへととおもうので、復帰は4日以降という予定です。

そんな訳で image

PS:今回制作したのは、「北斎漫画制作キット」 古くからありますが、面白いのでぜひ、何かのお遊びにどうぞ・・・

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム

Mokujiで目次!

丸かじりRSS

ブログランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 ネットブログ ネットサービスへ

丸かじりおすすめ

FC2カウンター

ブロとも一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。